BUBBLE BUBBLE

日常雑記と実体験からのレビュー

訪問診療、往診、訪問看護、訪問介護・・何が違うの?

f:id:bubbleawa:20220216182130j:plain

訪問診療、往診、訪問看護訪問介護・・

すべて同じもののように感じますよね。しかし、本当はまったく違うものです。

どのような違いがあるのか見てみましょう。

 

 

 

 

訪問診療とは?

医師が定期的に自宅を訪問し、診療を受けることができるサービスのことです。

 

bubbleawa.hatenablog.com

往診とは?

訪問診療も往診も医師が自宅を訪問し診療を行なうことですが、往診の場合は定期的ではなく、突然の体調不良などのため医師が臨時で訪問する医療サービスのことです。

訪問看護とは?

訪問看護師が医師の指示を受け、患者宅へ訪問し、看護を提供するサービスです。

 

訪問看護を利用できる条件は?

医師が必要と判断すると、訪問看護を利用できます。

例えば、「ひどい褥瘡(床ずれ)ができてしまい、医師が診察した上で毎日の消毒や軟膏を塗る処置が必要だ」と判断した場合、訪問看護師が毎日訪問し、処置を行います。

このように、すべて医師の指示の元で行なわれる看護サービスのことを訪問看護といいます。

 

 

訪問介護とは?

ホームヘルパーが患者の自宅を訪問して、入浴やトイレ、着替え、食事の介助などの身体介護や、料理や掃除などの生活援助を行なうサービスのことです。医師や看護師ではないので、点滴や床ずれの処置などはできません。

訪問介護を利用できる条件は?

要介護1~5の認定を受けた人が利用できます。

まとめ

少し複雑ですが、いろんな医療サービスがあります。これらの制度をうまく活用して、患者にとっても家族にとっても、快適な自宅療養生活ができればいいですね。

 

 

 

bubbleawa.hatenablog.com