BUBBLE BUBBLE

日常雑記と実体験からのレビュー

どうして太るの?太る原因は?太る仕組みを知って効率的にダイエットしよう!

たくさん食べるとどうして太るのでしょうか。どう脂肪に変わるのでしょうか。太る原因や仕組みを知るとダイエットしやすくなるかも知れませんよ。

 

 

 

太る原因は?

年齢や体質、病気など、さまざまな原因があります。

 

10代、20代の太る原因は?

10代20代が太る原因は、主に生活習慣です。
不規則な生活スタイル、偏った食生活、運動不足です。しかし、基礎代謝は高いので、ダイエットをすると簡単に痩せる人が多いです。食生活を見直し、運動をしましょう。

 

中年太りの原因は?

年を取ると太ってくるのは、老化によって基礎代謝が落ちるからです。
基礎代謝とは、心臓を動かす、呼吸をするなど、生きていく上で必要なエネルギーのことです。

 

基礎代謝が落ちる原因は?

筋肉量が低下することで、基礎代謝が落ちます。

 

基礎代謝を上げるためには?

運動

基礎代謝を上げるためには、ウォーキングやジョギング、ヨガなどの有酸素運動と筋トレが効果的です。

 


www.youtube.com

 

たんぱく質

たんぱく質は身体を作る成分です。肌や髪などはもちろん、ホルモンや酵素、細胞もたんぱく質で作られています。なので、たんぱく質を多く含む肉や魚、たまご、豆、乳製品などを摂取しましょう。

 

中年女性が太る原因は?

加齢によって基礎代謝が落ちることと、女性には更年期があります。閉経前後の10年間を更年期と呼び、一般的には45~55歳の時期に当たります。この時期に身体に起こる不調のことを、更年期障害と呼びます。

そして、エストロゲンと呼ばれる女性ホルモンが40代を過ぎると急激に減少し、脂肪が燃焼しにくくなります。そして、内臓脂肪を貯め込みやすくなり、お腹まわりに脂肪がついてしまうのです。

 

 

 

中年太りを解消するためには?

中年太りを解消するためには、有酸素運動を行ない基礎代謝を向上させること、そして、バランスのいい食事を取ることが大切です。特にたんぱく質を摂取しましょう。

 

 

糖質と脂質、どちらが太る原因になる?

糖質の方が太りやすいです。脂質は身体の細胞を作る成分になります。なので、摂取した脂質がそのまま全て脂肪に変わることはありません。

しかし、糖質は体脂肪になります。そして、糖質を摂取すると、血糖値が上がり、そのまま身体に糖質が蓄えられて、それが脂肪に変わります。

ですが、脂質はいくら摂ってもいいというわけではありません。脂質の過剰摂取は最大の太る原因になります。

 

糖質を極限まで制限し、脂質を大量に摂取するというダイエットもあります。

 

bubbleawa.hatenablog.com

 

ストレスで太ってしまう仕組みは?

ストレスで太ってしまう原因は、ストレスによる自律神経やホルモンバランスの乱れです。自律神経やホルモンバランスの乱れると、基礎代謝が低下してしまいます。

そして、ストレスを感じると食欲を増大させるドーパミンというホルモンが分泌されたり、レプチンという食欲を抑えるホルモンの働きが鈍くなります。なので、ストレスを感じるとたくさん食べてしまうのです。

 

 

アルコールを飲むと太る仕組みは?

アルコールが分解されるとき、酵素やビタミン、ミネラルなどが大量に消費されます。血糖値が下がり、身体の中のミネラルが失われるので、ラーメンなどの塩分が高い炭水化物が食べたくなるのです。

しかし、身体の中の栄養が失われたままなので、摂取した糖質などがエネルギーに変換されずに、脂肪として身体に留まってしまい、太ってしまうのです。

 

 

まとめ

身体に脂肪がついてしまう仕組みをご紹介しました。

原因を知れば、太る生活スタイルを改善することができるヒントにもなりますよね!

年を重ねても中年太りしないように気をつけたいですね。

 

 

 

bubbleawa.hatenablog.com

bubbleawa.hatenablog.com

bubbleawa.hatenablog.com

bubbleawa.hatenablog.com

bubbleawa.hatenablog.com