BUBBLE BUBBLE

日常雑記と実体験からのレビュー

パンやパスタなどの小麦食品が腸に与える影響!グルテンは腸に良くないの?

f:id:bubbleawa:20220331135518j:plain

パンやパスタ、うどん、ラーメン、ピザ・・全部おいしいですよね! わたしも大好きです。

しかし、これらのメニューが腸に悪い影響を与えているかも知れないことはご存知ですか?小麦が腸に及ぼす影響を調べてみました!

 

 

 

グルテンとは?

グルテンとは、小麦粉に水を加えてこねるとできる成分です。小麦粉に含まれるグルテニンとグリアジンというたんぱく質が、こねると合わさってグルテンになります。すると、規則的な網目構造が作られ、空気を取り込みながら小麦粉同士をくっつけます。それが、パンのふわふわとしたおいしい食感になります。

グルテンは身体に悪い?

グルテンは消化分解されにくく、腸の粘膜の中に貼り付きます。もちろん栄養としても吸収されません。

腸の炎症を起こす

グルテンが腸の粘膜に貼り付いてはがれないことで、腸の粘膜が炎症を起こしてしまいます。すると腸内環境が悪くなり、免疫力が落ちたりアレルギーが出たりします。

肌荒れを起こす

腸はもともと粘膜で保護されているのですが、グルテンが腸の粘膜に炎症を起こすことで、その粘膜に穴が開いてしまうことがあります。その穴から、有害物質や老廃物、微生物などが身体の中に入ってしまうことを、リーキーガットと呼びます。

リーキーガットとは腸内環境がとても悪い状態で、有害物質などが体内に入ることによりニキビなどの肌荒れを起こしてしまいます。

生活習慣病を引き起こす

リーキーガットが原因で慢性的に腸内に炎症が起こっていると、糖尿病や高脂血症、肥満、認知症になってしまう恐れもあります。他にも過敏性腸症候群子宮筋腫更年期障害を起こしたり、統合失調症うつ病など精神面にも影響してきます。

グルテン不耐性

小麦アレルギーに似ていますが、アレルギーではありません。グルテンが原因で、慢性的な下痢や全身の倦怠感が現れます。しかし、血液検査をしても小麦のアレルギーは出ません。不調が続く場合、グルテン不耐性を疑ってみるのもいいかも知れません。

グルテンフリー

グルテンフリーとは、グルテンを含む食べ物を摂取しない食生活のことです。

小麦はさまざまな料理に使われていますが、日本食中心の食生活にすると、意外と小麦は使われていません。日本食がおすすめです。

 

 

どうしても食べたい方は、小麦の代わりにお米で作ったものがあるのでおすすめです。

まとめ

小麦にこんなこわい影響があるなんて知りませんでした。わたしはラーメンやうどんが大好きですが、今後小麦が高くなってくるそうなので、これを機にグルテンフリーダイエット生活にしてもいいかも知れませんね(笑)

 

 

 

bubbleawa.hatenablog.com

bubbleawa.hatenablog.com

bubbleawa.hatenablog.com

bubbleawa.hatenablog.com