BUBBLE BUBBLE

日常雑記と実体験からのレビュー

自律神経を整えるためには腸活が最適! 美肌にもなれる腸からはじめる最高のアンチエイジング方法!!

f:id:bubbleawa:20220330182303j:plain

腸が自律神経や全身のアンチエイジングに影響していることはご存知ですか?いつまでも若々しくいたいのに、日々の生活に追われて、ついスキンケアなど手抜きになってしまうこともありますよね。化粧水なども大切ですが、腸内環境も外見に影響します。腸がきれいになると、美肌にもなれるんです! 

 

 

 

 

腸と自律神経の関係

自律神経と腸は深く関係しています。例えば、緊張したり不安になるとおなかが痛くなる人がいます。それは自律神経が腸に影響して起こります。

自律神経とは?

自律神経は、自分の意識とは関係なく、呼吸や消化、循環、排泄など生きていく上で必要な機能を調節している神経です。「交感神経」と「副交感神経」の2種類あり、日中活動しているときは「交感神経」が、身体がリラックスしてきて就寝するときは「副交感神経」が活発になります。自律神経のバランスが整っているときは、この切り替わりがスムーズにできますが、バランスが乱れていると不眠症になったり、体調不良になったり、感情がコントロールできなくなったりします。

自律神経が乱れる原因は?

主にストレスです。人間関係のトラブルや環境の変化など、いろいろなことが原因で自律神経のバランスが乱れます。さらにストレスは腸の動きを抑制してしまい、便秘になってしまうことで悪玉菌を増やしてしまいます。

自律神経を整えるためには?

ストレスを溜めないためには問題を解決することはもちろん、趣味や軽い運動を行なってリフレッシュしましょう。症状がひどくて解決しない場合は、心療内科などを受診することも大切です。 日々の生活でできることをご紹介します。

朝、水を飲む

朝起きてまず水をコップ1杯飲みましょう。冷たい水より常温の水かぬるいお湯がおすすめです。一気飲みをすると、眠っている腸が刺激を受けて、働き始めます。

短時間の仮眠

身体のだるさがある場合、15分程度の仮眠を取ってみましょう。長時間眠ってしまうと、夜眠れなくなってしまいます。短時間眠ることでリフレッシュでき、仕事のパフォーマンスも上がります。

軽い運動

ヨガやストレッチ、ウォーキングなど疲れない程度の運動を習慣にしましょう。運動をすると、ストレスが解消されます。そして腸の動きも活発になり、便秘が解消され、腸内環境が良くなります。さらに、運動をすることでセロトニンという幸せホルモンが分泌され、質の良い睡眠をとることができます。自律神経のバランスを整えるためには、質の良い睡眠は必須です。

腸と肌の関係

腸内環境が悪くなると、腸の動きが悪くなり、便秘になります。長時間腸内に便が溜まると、腸内に悪玉菌が増え、アンモニア硫化水素などの有害物質が発生します。するとその有害物質が血管を巡って、肌荒れや吹き出物など肌に悪影響を与えます。なので、肌をきれいに保つためには便秘にならないことが大切です。

腸とアンチエイジングの関係

腸内環境を整えると、免疫力が高まり、肌がきれいになり、生活習慣病の予防の効果もあります。そして、内臓脂肪や皮下脂肪の蓄積を抑える効果もあるので、肥満の防止にもなります。なので、腸がきれいになると肌もきれいになるのです。

まとめ

自律神経と腸の関係が分かりました。自律神経を整えることが腸内環境を整えることにも繋がります。腸内環境が整うと、アンチエイジングの効果もあります。

身体の内も外もきれいになりましょう!

 

bubbleawa.hatenablog.com

bubbleawa.hatenablog.com

bubbleawa.hatenablog.com